起業を考える

女性も視野に入れるべきIT独立の魅力とサポート

IT業界で生き残るための道

プログラマによるIT系の仕事は、企業が仕事を受註をして、その中で仕事を行って行く事が一般的である。企業によっては、偏った様な仕事内容が得意になって来る事もあるが、新しい内容に対して取組む姿勢を失ってしまう事もよくある話である。新しい教育を社員に行わせるには、時間と費用がかかる事もあり、中にはその様な教育を社員に行わさせてしまうと、他社へ転職してしまうのではと考える企業もある。この様な企業でプログラマとして働いていれば、自身を磨き上げる事も出来ず、倒産をして転職をしなければならなくなった場合に、社会で通用しない人材となっているかもしれない。プログラムを組み立てるにはプログラム言語の知識も必要だが、何よりも大切なのは経験を多く積み上げ発想力を高めて行く必要性がある。

独立を行えば、様々な企業の依頼を受ける事によって、企業に勤めるよりも多くの経験を積み上げて行く事も可能だ。企業で務めている中には、上司が作り上げたフローチャートをただプログラム化する様な仕事内容もある。その様な仕事内容も入社当時は大切になる事もあるが、何年も同じような仕事内容を行っていれば無駄な時間を費やしてしまう事にもなりかねない。プログラマとして独立すると収入面でも良くなる事もあるが、何もよりも大きなやりがいは企業が個人に対して必要性を強く持ってもらえる事によって、責任感と存在価値を自ら高めて感じれる事が挙げられる。又、独立する時は始めて会社に入社をした当時を思い出し、様々な経験と知識を吸収する思いも大切と言えるだろう。